白髪を減らしたい、増やしたくないとう方のための対策法サイト

白髪と年齢の関係

白髪が生えてくる年齢は、一般的には30歳前後だといわれています。
しかしもちろん個人差があります。

30歳を超えると白髪が髪に何本か混じり始めます。
そして還暦を迎える前頃には
髪の半分くらいが白髪になるというのが平均的です。

白髪と年齢の関係の根拠となる要素がいくつかあります。

髪の色が黒いのはメラニンと呼ばれる色素によるのですが、
年を取るにつれてメラニンが作られにくくなります。

また、年齢を重ねるにつれ心肺機能の低下が起こります。
これによって全身の血行が悪くなり、メラニンを生成している毛根に
栄養分が運ばれにくくなるため白髪が増えるとされています。

近年では年齢が若くてもメラニンを生成する力が老化し、
10代や20代の若い人の間でも白髪が悩みになっているのです。
実際、最近の若者には白髪が増えているようです。

なぜメラニンを生成する力が年齢が若いにも関わらず老化してしまうのでしょう。

それは、ストレスが原因だとされています。

基本的には白髪と年齢は深い関係があるのですが、
このように若い人に生える白髪に関しては体の老化とは関係がありません。

また、ストレス以外にも遺伝や病気が原因でメラニンが生成されにくくなり、
白髪が生えるということもあります。
白髪が生えやすい体質というのも実際にあるのです。

また、薬を服用することによっても白髪が生える可能性があります。
年齢以外では、栄養バランスの崩れ睡眠不足なども
白髪の原因になるとされています。

白髪が気になり、白髪染めなどの対策を練るようになる年齢は
40代以降が圧倒的に多いとされています。

これも個人差があり、30代でも白髪染めを使ってカバーする必要があるほど
白髪が出てくる方もいます。

白髪は 無理をせずに、 髪に優しい成分でできた白髪染めでカバーしましょう。